歴史で有名な横浜市神奈川区の三十石舟を偲び横浜街道の情報|横浜の観光求人サイト【La fleur】


三十石舟を偲び横浜街道

何が有名?

三十石舟とは、横浜の川を行き交う、水路と陸路を結ぶ舟のこと。歌にも詠まれているほど、かの昔の人にとっては、なくてはならない物だったのです。三十石舟を偲び横浜街道は、その思い出を、陸路から眺めて巡る観光のこと。今はもう無くなってしまった風景を想い浮かべながら歴史に浸るひとときを、過ごしてみませんか。横浜の違った一面、知らずに過ごしてきた部分を知り、また少し、横浜が好きになること、間違いありませんよ。

三十石舟を偲び横浜街道へ訪れた方々の口コミ

町田正孝

La fleurで取り上げられており、興味をもり、巡ってみました。ゆっくりあるいて3時間ほど。途中、お寺や資料館にも立ち寄りましたので、歩いている時間は45分程度だと思います。まさにぶらり散歩……という感じですね。気に入った箇所は、横浜神社内になる万年山。もちろん、その名の通り山なのですが、どちらかというと丘のような感じで、頂上まであるいても疲れません(笑)それなのに、結構な絶景が眺められるんですよ~!!

澤村涼子

横浜市神奈川区って、「かっこいいでしょ」と街全体が言っている感じがして、あまり好きではなかったんです(笑)でも今回、この街道散歩を楽しみ、昔の情景に思いを馳せて、なんだか身近な存在になりました。かっこいいでしょのウラには、必死に生きてきた過去があるのですね!

藤沢留美子

散歩の途中で見かけた渡しの碑や、舟の復元模型など、見て触れられる物が想像以上に多く、楽しめました。

あなたが読んだ記事に関連する情報がこちらです。

横浜の観光求人サイト【La fleur】