歴史で有名な横浜市西区の横浜市開港記念館の情報|横浜の観光求人サイト【La fleur】


横浜市開港記念館

何が有名?

横浜市開港記念館は、横浜市西区に位置する、横浜の港の歴史を感じることのできる博物館です。この度、La fleurで特集を組むこととなり、大規模な調査が行われました。それにより確認できた多数の新たな事実があり、それらは、博物館内の特設会場にてご紹介・展示を行っております。ぜひ皆さま、お立ち寄りくださいね。

横浜市開港記念館へ訪れた方々の口コミ

江部祐樹

コチラの建物、中心に時計塔がそびえています。全体がレンガ造りで、鮮やかなレンガ特有のオレンジ色が目を引きます。建築様式は、ネオ・ルネッサンス。大変優雅な外観です。現在、大学で建築学を学んでいるので、こちらの建物は大変興味深く、最近は足しげく通い、細部まで観察させて頂いています。

石見吉広

大正時代は、こちらの建物内で音楽会が開かれていたそうです。美しい建物の中で繰り広げられる華やかな世界。横浜の社交場として華やかさを演出していた場所だと言って、決して過言ではありません。今でも、単なる博物館としてだけでなく、ぜひ、昔様な用途にも使って欲しいなと考えています。

石原聡

横浜市開港記念会館には時計塔が付属しています。高く美しいので、横浜のシンボル的存在。また、この時計塔には「ジャックの塔」という愛称がついています。 ちなみに、神奈川県庁にはキングと呼ばれる塔が、横浜税関にはクイーンと呼ばれる塔がそびえており、横浜三塔と呼ばれています。この三塔を一気にめぐりと「願いが叶う」という言い伝えがあるんですよ~。

あなたが読んだ記事に関連する情報がこちらです。

横浜の観光求人サイト【La fleur】